ラクトフェリン、免疫

ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果やダイエットなどをご紹介

HOME > ラクトフェリンとは? > ラクトフェリン 免疫

ラクトフェリンで健康生活

ラクトフェリンと免疫の関係

 ラクトフェリンの免疫活性のメカニズムは多角的なものです。人体に関しては免疫系のナチュラルキラー細胞を活性化させ、病気への抵抗力をアップさせます。
 その一方細菌やウイルスの繁殖を妨害する働きもあるのです。また、細菌やウイルスが密集して増殖するのを防いだりと色んな形で細菌と私たちの戦いを支援し、免疫力をあげてくれます。
 ラクトフェリンはC型肝炎の症状を緩和させたり、水虫や口内の感染症への影響まで幅広く研究され、ラクトフェリンと免疫に関して前向きな報告が寄せられています。
 ガンに関しても、ラクトフェリンは多面的にガンを抑えることができるといわれております。これも、免疫力向上にラクトフェリンが効いている事例の一つでしょう。
このように、ラクトフェリンはさまざま形をとりながら、免疫という観点で人々の役に立っているのです。

 では、ラクトフェリンの免疫活性のメカニズムはどのようになっているのでしょうか?
 まず、人間の体が免疫力を保っていられるのは、主に白血球の中にいる免疫細胞のおかげです。この免疫細胞の中には、T細胞、B細胞、顆粒球、マクロファージ、NK(ナチュラルキラー)細胞などがあります。どの細胞もウイルスや細菌と戦い体を守る大事な細胞です。この中でT細胞やB細胞などは、体に異変が生じてから過去に記録された対処法を呼び起こし出動します。
 つまり、適合しなかった場合にはウィルス退治に出遅れることがあるわけです。一方、NK 細胞は常に血液中をパトロールして、異変を見つけるとすぐにその場で治しにかかるので、このNK細胞が活性化すれば免疫力アップに貢献してくれると言うわけです。
 ここでラクトフェリンの登場です。ラクトフェリンは、このNK細胞を活性化してくれるのです。ですから、ラクトフェリンを服用すれば、免疫力がアップすることが非常に高い確率で望めるということです。




2050円相当のラクトフェリンが今ならたったの980円![送料無料]
inserted by FC2 system